森田一弥研究室について

本研究室は2020年4月に活動を開始しました。本研究室では、人が生活する空間がどのようにあるべきか(目的論)、そしてそれらをどのように生み出すことができるのか(方法論)、研究(リサーチ)と実践(デザイン)を通じて探究を行っています。

そのために、京都をはじめとした過去に世界各地の人間が作り出した魅力的な空間(’家具ー建築-集落-都市)に学び、その学びをデザインの方法論の構築と実践を通じて未来の社会に還元していくことをめざしています。